温泉の効果・効能

のんびり温泉巡り

様々な効能を体験できる温泉

入浴は、お湯に浸かることで身体の疲れを取ったり、リラックスしたりなど、身体にとって良い効果があります。
普通のお湯でもこのような効果に期待できます。
お湯よりもさらに魅力的なのが温泉です。
豊富な泉質があることで、様々な効能にも期待することができます。
例えば、浸かることによって、痒みや切り傷、火傷などの皮膚疾患に効果を発揮する場合があります。
また、浸かることで効果を体験できるわけではありません。
温泉は、飲むことによっても効果を体験可能です。
飲むという行為から、浸かる場合のように身体の外側よりは、体内からの効果に期待が持てます。
内臓や神経、筋肉などの病気や痛みといった症状を改善できる効能を実感できることがあります。
効能は泉質によって異なります。
ですから、まずは泉質を知ることが大切です。
その後、泉質がどのような症状に効果があるのかを調べ、自分が希望するような変化に期待できそうな温泉の場合は、入浴するようにします。

温泉の効能を高める入り方

温泉は日本人にとって欠かせない娯楽の1つであり、嫌いという人は少ないと思います。
そんな温泉ですが、疲労回復や打ち身やねんざなど、様々な効果が期待できるものが多いです。
そんな効能をより高めるための入り方があります。
まずはいきなりお湯に入るのではなく、かけ湯をします。
かぶり湯ともいいますが、いきなりお湯に入ると成分によっては皮膚に負担になる場合もあるため、かけ湯をすることで肌を慣れさせる効果があります。
次にお湯には半身浴から入ります。
肩までつかると水圧などで負担がかかるため、ゆっくりと湯口から遠いところで身体を慣れさせます。
時間としては20分程度を目安にします。
次に肩までゆっくり入ります。
時間としては10分いないが目安です。
お湯の温度などによっで入浴時間を調整します。
最後に湯上りを軽くすませてでるようにします。
入浴後は30分から1時間はしっかり身体を休めるようにします。
こうすることで温泉から得られる効能を効果的に得ることができます。

check

契約書管理システムを導入

2018/5/24 更新